読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友だちとは話せない雑談

SNS内に大量に存在するお友だち。ありとあらゆる性格・思想が渦巻いていて、言いたい事も言えないので、そのストレスを発散させるためのブログ。

鬱(うつ)かも…と思っていたけれど(1)

自分は実家暮らしの時代は、両親に対して強いストレスを感じていた。後々わかったが軽度ではあるがいわゆる「毒親」と呼ばれる部類で、かなり親から制圧され愛情も表立って受けることなく、常に欠乏状態で暮らしていたと思う。

なので、就職して二年目ほどで通勤圏内の実家だったにも関わらず、早々に一人暮らしを決めた。終電や泊まりもあるような忙しい環境であったので、それにプラスして親からストレスを受けるのは得策ではないと考えたためだ。

一人暮らしは本当に快適だった。

自分は一人っ子なのだが、一人暮らしを始めて以降、ホームシックはゼロだ。この件に関しては、友人や近所のおばさんなんかに「さみしいでしょう?」「親のありがたみがわかったでしょう?」と問われること多々だったが、本当にない。ないものはない。

それほど、私にとって親の存在は希薄になっていた。

とにかく忙しい毎日と誰からも干渉されないプライベートにまぁ満足しながら暮らしていた。そして最初の会社を辞めるにあたって、自分は次の職場を決めずとりあえず休もうと考えた。

最初の半月は、海外旅行へ行ったり、しばらく会ってなかった友人と遊んだりと、忙しくてできなかったあれやこれやを消化していった。

だが残りの半月は…

昼夜逆転の廃人生活…

とにかく何にもやる気がでない。毎日毎日食って寝るだけの生活を送った。
何もしたくない誰とも会いたくない、そういう状況。
それに対して、「なんて自分はダメな人間なんだ。。」と落ち込む悪循環。

幸運な事に、次の仕事への紹介が知り合いから舞い込んできたため、廃人生活は終了。仕事を辞めてから一ヶ月後社会復帰となった。

あのまま何もお声がかからなかったら、どうなっていたことか…とぞっとする。

この時あたりから、自分のメンタルが少々正常ではないかもしれない?と思うようになっいた。






映画にもなっているこちら。夫婦のありかたや、フリーランス(クリエイター)としてのあり方など、染みる内容である。

しっこの話。

今日は土曜日だが、夫が仕事だったので朝7時に起きた。しっこに行きたかったのでしっこに行った。見送ったのち、また布団に戻った。起きたら11時過ぎていた…。

するとどうだろう。

またしっこがしたいのだ!!

なんで?ねぇなんで??

眠っていて生成されたしっこは7時に出したよね?

7時に起きたけど、何も口にしていない。すぐ寝たもの。

4時間で何が体の中で起きているのか??量もまぁまぁ出たけど!?


そんな事をふと思った土曜の朝であった。。

くだらすぎて、友だちには話せない…。
というか、こんなだらしない生活を日々送っているなんて話せない…。


あと10年とか経ったら必要になってくるのかな。

プレッシャーと自分に弱い私の生き方。

プレッシャーに押しつぶされている現状

私はとにかくプレッシャーに弱く、目の前のこなさなければならない事が山積みになっていたり、期待の大きい仕事をしていたりすると、現実逃避に陥る。

そして今まさにその状況である…。

そんな時期はSNSすらまともに見ることができない。なぜならSNS上では、家事、子育て、仕事を頑張っている人たちの投稿がいやでもか!というぐらい見せられるから。ほかのSNSでは、政治経済系の情報を得るためにその辺の発信をしている人をフォローしているため、現在の時事問題が目に入り、くだらない話題やイライラする話題ばかりでウンザリする。

そんな訳で精神的にきつくなるのだ。

ここ数日は現実逃避しまくっていて、そんな時はだいたい体調も悪くなり、一日中布団に包まる事になる。ちょっとした引きこもり。ちょっとした鬱状態である。ちなみに2年前くらいはその症状が酷すぎて、自暴自棄になったり、死にたいという感情がちょくちょく顔出す事もあったので、心療内科に通ってみたりもしていた。

まさか、“明るく、元気”な私がこんな事を日々考えていたり、家で悶々としているなんて誰も想像しないだろう。まさに、表向きの自分とは真逆の現状である。

ではいつもどうやって、回復するのか?

続きを読む

結局のところ韓国ってどうなのよ。

いつの頃からだろう。韓国のあれこれに興味を持ちだしたのは。3年?いや5年ほど経っただろうか。興味を持ち始めてからは、常にその手の発信をチェックしている気がする。そして毎度ゲンナリしている。

特にこれといって、韓国を嫌いになる理由は持ち合わせていないのだが、初めて友人同士で行った海外が韓国だった。安いし近いし。高3の春休みだっただろうか。ご飯は美味しいし、アジアっぽい雑多感もあり悪くはなかったのだが、人の態度がいまいちだった印象。あと、ハングル文字酔いみたいな感じになって、「リピはないな…」と判断した。

しかしその頃は一切対韓問題は、少なくともただの女子高生の耳には入ってくる事はなかった。むしろ友好的なもんだと思ってた。なので、まさかこんな事になるとは。

その後、冬ソナからの韓流ブーム到来。うちの母はいち早くブームになる前から冬ソナにはまっていた人で、いまだに韓国ドラマをチェックしまくり、一時期はハングルも勉強してたし、韓国旅行へはもう数え切れないほど行っている…。

そんなブームがはじまってしばらくしてからだろうか、色々な問題が一般人にも露呈しはじめたのは。

いつまでたってもゴチャゴチャと問題か出てくる、対韓問題。今一番話題なのは、仏像問題かな。正直あの判決はないだろう。もはや何でもありなのか??ほかの海外の博物館にだって他国から奪ったり持ってきたものを展示している。それを盗んでしまえば元は自分の国の物だから!とおとがめ無しということになる。

ポーズとはいえ、政府側が上告したのはよかったが…。果たして今後どうなるのだろうか。

左寄り思想の人は、あまり対韓問題を口にしないような印象だが、こういう問題についてはどう意見するのだろう。別にいいじゃん、元は韓国の物なんだから、と言うのだろうか?山本太郎あたりはどんな意見を持っているのだろう。後で調べてみよう。

少女像問題しかり、仏像問題しかり、歴史認識問題しかり、竹島問題しかり、冷静に考えればおかしいのでは?と思える事を堂々とやっちゃってる韓国。国際的な信用なくなるんじゃないか?と、もやはこっちが心配になっちゃうような事ばかり起きている気がする。

一応周りには、韓国人もいないし、韓国ラブな人もいないけど…こんな話は普段絶対できないね。あと、在日の方がどこにいるかもわからないから、あまり変なことは外食先などでも口にできないよな…。

いつかは仲良くというか、もっと大人な外交関係になればいいなという希望をもっていたけど、さすがにもう諦め気分になってきたな。


韓国関連の本、たくさんあるのでどれから手をつければ良いのやら。
でもネットだけでの情報収集はいけないね。本読もう…。

夫への不満をSNSにひたすら垂れ流す主婦の心理とは。

私のSNS友の中にSNSでの投稿の大半が、夫への不満という人が二人いる。一人はまぁわりと明るい。というか 諦めてる?達観?そんな感じ。とはいえ、離婚話はしょっちゅうでるらしいが…。

その友だちのSNSから読み取る限りでは、旦那さんは本当にしょーーーーもない。社会人、いや成人として大丈夫か!?というエピソードばかり。でも、大人のADHDかな?と受け入れてしまえば、基本は優しいし子育てにも協力的だし、仕事もちゃんとしてるし、問題ない気が私はする。だがしかし止まらない、夫への不満…。

もう一人はかなりの重傷。もはや恐怖、狂気を感じさえする。基本の投稿は自分が被害者であるかのような物言い。「私はこれだけやっているのに、なのにアナタは…」的な感じである。いやいや…。あなた子供もたくさんいて、長年夫と連れ添って、まだそんな事いってんのかよ、と。アラフォーだぞ、と。そんな事、もっと早い段階で夫婦で解決しておいてくださいよ、と。

まぁでもこれだけなら、よくあるメンヘラ系女性の投稿ですね、ハイハイで終わるのだが、怖いのがSNSの使い分けである。確かに使い分けてる人はいる。それがプライベートと仕事、なのか、ネガティブな投稿とポジティブな投稿なのか、人それぞれだとは思う。

怖いのは、インスタとFacebookには、夫への感謝をハート付きで投稿するところである…。その数分前には別のSNSで夫への不満を爆吐きしているのに、である。どちらも見ている身からしたら狂気以外の何物でもない。

すなわち、家ではろくに話し合いはせず、たまりにたまった不満を夫とはつながっていないSNSに吐き出し、夫とつながっているSNS上には夫へのゴマすりをしているのだ!なんという違和感。なんという気持ち悪さ。なんという子供っぽさ。

そして、どちらの友人にもいえるのは、文句ばかりで解決に向けた動きを見せないところ。たぶん、自分は変えたくない変わりたくない、もしくはそこに気づかない状態で、文句を言い続ければ相手が変わるのではと思い込んでいる部分があるのではないか?と思う。妥協とか歩み寄るとかそういう感覚がない。

文句を言うか、我慢するか。

その二択で夫婦関係を続けているらしい。

今や、ちょっとインターネットを調べれば、同じような悩みを持っている、同じような年齢の人や、それを乗り越えた先輩主婦の意見とか、探せばいくらでも出てくるのにまったく努力せず、SNSに垂れ流しその先の友人を心配させ、酷いときは直接それを友人に愚痴ってその友人の時間を食いつぶす。

この手の性格の人間は、聞いてくれて満足なので、どれだけ心配したところで、どれだけ良いアドバイスをしたところで何もならない。わかっている。そんなことはよぉ〜〜〜〜〜く、わかっている。


だが!!


そんなに垂れ流してたら、心配するだろ。精神病んで病気にならないかな?とか、下手すれば自殺するんじゃなかろうか?とか。

どうしてこの類いの人間は、自分のその言動行動で、大事な友人の心までも蝕むのか…。理解に苦しむ。

とにかく、夫婦で話せ。おまえが選んだ伴侶だろうが!
解決しないなら、相談しろ。相談して納得したそぶりをするのならちゃんと実行しろ!!
もっと自分から解決策を考えろ!!!


と、言いたいけど、言えない。
だって、この件をほかの友人に話してみても「その人はそうやって吐き出して満足してるからほっとけ」と言われるから…。

はぁ、なんとかならないものか…。



もう、これ買ってそっと渡してやろうか…。

ATOKを試用中!

このブログを書いてて、ものすご〜〜く文章が書きづらいことに気づいた。現在の私のパソコンのOSは macOS Sierra 10.12.2。それもでもずっとMacで、ことえりを使ってきたはずだが、どうもシエラになってから入力というか、予測というかがおかしい気がして…。

で、パソコンに詳しい友人に相談して、久々にATOKを使ってみている。会社員の時のパソコンには入っていたと思うので、10年ぶりぐらいだろうか。ここまで入力してみて、なんの不都合もない!さくさくである。逆にこのOSの入力は何がおかしかったのだろう…。

とにかくこれはお金を払ってでも入れるべきものだと確信。試用期間が終わったら絶対買おう!

ATOK.com | ジャストシステムatok.com


Windows


Mac


ダウンロード版もあります。

さりげなく人を傷つけるタイプの人。

先日子持ちの友人らとホームパーティーを行なった。

妊娠中の私は、友人らの妊婦時代の話など聞かせてもらっていて人生の先輩としてふむふむと興味深く聞いていた。もちろん、聞いているだけでなく、こちらの現状も話したりしていた。

そんな中で、エコーの話になり、自分の通っている医院で受けている診察について話したところ、

「そんなのありえないよ!!!!(キモ!!!)」(カッコ内はこちらが感じ取った相手の感情である。)

と、かなり語気を強く診察自体を否定された。何を否定されたかというと、「経膣エコー」である。それはそれは汚いものを見るような、それこそ、そこの病院の先生変態なんじゃないの!?ぐらいの勢いの言いよう…。(ちなみにそこの医院ではガン検診も含め、何度も診察を受けているが、女性の先生の方が多い。)

出産経験の無い私としては、今受診しているそれが全てであり、特に疑問も持っていなかった。が!そんな風に言われ、少なからず不安にもなったし、気分も悪くなった。

もう一人の友人も経膣エコーの経験は無いらしく、ただ流石に先ほどの友人の言い方には違和感があったようで、
「今は、それが普通なのかもね。」的な、フォローをしてくれた。

もちろん、その後、経膣エコーについて調べてみたが特に問題があるとも思えないし、そもそもここ数年でできた割と新しい医院だし、ていうか産婦人科で膣内に何がしかを挿入して検査するなんて普通だし。子供二人も産んでる人間が何をそんなウブな事言ってるんだ??と後から後からイライラしてきた。

こういうタイプの人は、まさしくマウンティング体質の女性である。確かに普段からその毛はあった。自分の持っている知識の伝え方。これが鼻につくタイプだ。あなたの周りにも一人や二人や三人やいるだろう。。有益な情報を教えてくれてありがとう!という気持ちと共に、なんかモヤモヤが残る感じ。何で私こんな言われ方してるんだ?とか何か私、下に見られてる?と感じるあれ。

とはいえ、その友人はまぁまぁ年上だし今まではスルーしてたけど…。ちょっと今回のはカチンときたね。

次会った時に、経膣エコーは別に普通なんですよ、と伝えるかどうか検討中…。多分言わないだろうけど。

そんな感じの友だちには話せない話。


女はコワイ…