友だちとは話せない雑談

SNS内に大量に存在するお友だち。ありとあらゆる性格・思想が渦巻いていて、言いたい事も言えないので、そのストレスを発散させるためのブログ。

鬱(うつ)かも…と思っていたけれど(1)

自分は実家暮らしの時代は、両親に対して強いストレスを感じていた。後々わかったが軽度ではあるがいわゆる「毒親」と呼ばれる部類で、かなり親から制圧され愛情も表立って受けることなく、常に欠乏状態で暮らしていたと思う。

なので、就職して二年目ほどで通勤圏内の実家だったにも関わらず、早々に一人暮らしを決めた。終電や泊まりもあるような忙しい環境であったので、それにプラスして親からストレスを受けるのは得策ではないと考えたためだ。

一人暮らしは本当に快適だった。

自分は一人っ子なのだが、一人暮らしを始めて以降、ホームシックはゼロだ。この件に関しては、友人や近所のおばさんなんかに「さみしいでしょう?」「親のありがたみがわかったでしょう?」と問われること多々だったが、本当にない。ないものはない。

それほど、私にとって親の存在は希薄になっていた。

とにかく忙しい毎日と誰からも干渉されないプライベートにまぁ満足しながら暮らしていた。そして最初の会社を辞めるにあたって、自分は次の職場を決めずとりあえず休もうと考えた。

最初の半月は、海外旅行へ行ったり、しばらく会ってなかった友人と遊んだりと、忙しくてできなかったあれやこれやを消化していった。

だが残りの半月は…

昼夜逆転の廃人生活…

とにかく何にもやる気がでない。毎日毎日食って寝るだけの生活を送った。
何もしたくない誰とも会いたくない、そういう状況。
それに対して、「なんて自分はダメな人間なんだ。。」と落ち込む悪循環。

幸運な事に、次の仕事への紹介が知り合いから舞い込んできたため、廃人生活は終了。仕事を辞めてから一ヶ月後社会復帰となった。

あのまま何もお声がかからなかったら、どうなっていたことか…とぞっとする。

この時あたりから、自分のメンタルが少々正常ではないかもしれない?と思うようになっいた。






映画にもなっているこちら。夫婦のありかたや、フリーランス(クリエイター)としてのあり方など、染みる内容である。